育て方の知恵袋

肥料について

肥料の種類と特長

有機肥料と無機肥料

肥料は有機肥料と無機肥料の2種類があります。
  特長 長所 短所
有機肥料 油かす、魚かす、骨粉、牛ふんなど、自然界の物質が原料となっています。 ビタミンやミネラルが豊富で吸収もよく植物自体を丈夫にします。与えすぎても害が少なく、効果が持続します。 効果が表れるまでに時間がかかります。独特のにおいがあり、虫がわいたり、カビがはえることがあります。
無機肥料 無機物を主成分とした肥料で工場で化学的に生産されたものが原料となっています。(化学肥料とも呼びます。) 成分の純度が高いため、少量で大きな効果が期待でき、すぐに効き始めます。においも少なく取り扱いが簡単です。 作物に応じて何種類もの肥料を併用する必要があり、与えすぎると肥料あたりします。

肥料成分の役割

三要素
成分 はたらき 欠乏症状
窒素(N) 窒素は葉に効くので『葉肥(はごえ)』とも呼ばれます。
植物の生長を促進し葉の色を濃くします。与えすぎると大きくはなりますが、葉ばかりが生長し、軟弱で花・実の付きが悪くなります。
葉の色が淡くなり、全体的に黄色っぽくなります。
草丈や葉も伸びず、見た目も貧弱になります。
りん酸(P) りん酸は花や実に効くので『実肥(みごえ)』とも呼ばれます。日光不足や暑さ寒さに対する耐性が増します。 生長が悪くなり、開花や結実の数が少なくなります。
カリ(K) カリは根に効くので『根肥(ねごえ)』とも呼ばれます。根をしっかり育て、植物を健康で丈夫に育てます。 根の生長や葉の色が悪くなり、環境の変化や害虫に対する抵抗力が下がります。
中量要素
成分 はたらき 欠乏症状
マグネシウム
(Mg)
苦土(くど)とも呼ばれ、光合成に必要な葉緑素を作る大切な成分です。 葉の色が黄色くなり生育不良を起こします。
カルシウム
(Ca)
根の生長を促進したり、病害虫などへの抵抗性を高めたりします。 根腐れを起こし生育不良を起こします。トマトは実が腐る『尻ぐされ』になります。
硫黄
(S)
根の生長や植物体内のタンパク質合成に必要な要素です。 窒素欠乏に似ており、葉が黄色っぽくなり生育不良となります。

三要素は生育に欠かせない重要な栄養分です。
三要素ほど多くは必要ないですが、生育に必須な成分がマグネシウムやカルシウム、硫黄であり、中量要素と呼ばれます。
植物にとって必要不可欠ではありますが、微量で良いものを微量要素と呼び、ほう素・マンガン・鉄・銅・亜鉛・モリブデン・塩素があります。

効き方の違い

1、粒の大きさ
2、肥料の効きの速さ・長さ

*コーティング肥料など肥料の効果の持続時間を植物に合わせて調節されたものもあります。

元肥と追肥

元肥とは植物の植え付けのときに事前に与える肥料のこと。土全体に混ぜ込む『全層施肥』や、根に直接当たらない場所に埋めておく方法があります。
追肥とは植物の生長に合わせ、追加で与える肥料のこと。土の表面に置く「置き肥」や、土を掘って埋め込む方法があります。

こんな時、追肥は禁物です!

水不足の時、追肥よりも「水」

植物の生育に必要なのはあくまでも日光と水と二酸化炭素です。
低温の時や水不足の時は、肥料を与えても効果がありません。
水不足の時はまず肥料よりも水を与えてください。
酸素不足や病害虫が原因の時も追肥は禁物です。
生育期間の長い作物は葉色がさめた時が追肥のサインです。
ただし、それがチッ素不足なのか?リン酸やカリ不足なのか?見極める必要があります。

肥料の保存方法

肥料の上手な保存法

肥料は密閉、直射日光を避けて保存

肥料はなるべく1年以内に使い切るようにしましょう。開封した肥料は、それぞれの性質に合わせて保存します。 アンモニア系の肥料は直射日光にあたるとアンモニアがガスとなって養分が抜けてしまうので日陰に保存します。 空気にふれると固まる性質があるのでビニール袋やポリ袋に入れて密閉します。 有機質肥料は空きカンに入れ、ネズミ等の害虫の侵入を防ぎましょう! 保存にすぐれた、チャック付きの肥料やペットボトル入りの肥料も便利です。

ペットボトル入り肥料へ

①硫安など、アンモニア系肥料は直射日光を避け、風通しの良い場所に保管する。

②湿気を吸いやすい肥料はビニール袋で密閉する。

③油かす、米ぬか、魚粉など、有機質肥料はねずみや害虫から守るため空カンに入れる。